ウォーキングデッドシーズン3ネタバレあらすじ・個人的感想

シーズン2までのあらすじ‥‥ウォーカーが蔓延するこの世界。
機械、文明、文化すべての物がなくなったこの世界で生きている人間は
ウォーカーから隠れるように日々暮らしていた。

アトランタで家族と再会したリックは仲間達と共に旅をしていたが、
ある農場にたどり着く。そこでリック達は一時暮らす事を決め、
行方不明になったキャロルの娘ソフィアの捜索をしていた。

 

だが、捜索していたソフィアがすでにウォーカーとなり、農場の納屋にいた。
その後、農場にもウォーカーの大群が押し寄せなんとか逃げたリック達だったが・・・。

はい、season3です!
こういうドラマって最後まで見ないと止めれない麻薬のようです!
とにかく次が観たかった!アンドレア大丈夫かな?

ハーシェルやマギー達新しい仲間も加わりこれからどうなるのか、楽しみです!
特に最近のリックの様子がおかしいです、情緒不安定?大丈夫かな?

 

以下、ウォーキングデッドシーズン3ネタバレ情報を含みます

農場から脱出して数ヶ月がたっていた。カールは銃を扱い、
ローリは臨月で出産が近づいていた。
そんな中、一行はフェンスに囲まれた広大な刑務所を見つける。

フェンスの外から見ると刑務所内にはウォーカーがたくさんいた。
だが、皆で協力し合い、何とか運動場のウォーカーを一掃することに成功した。
一行は安全が確保された囲まれた広い空間に安堵する。

 

だがまだ刑務所の建物内にはウォーカーがいる。
生活の場を奪取するため、リック達は建物の中に入っていった。

次々とウォーカーを倒していくリック達だったが、
ハーシェルがウォーカーに足を噛まれてしまう。

リックの咄嗟の判断で足を切断し、なんとかハーシャルは一命を取り留めた。
その後、リック達は刑務所内で生き残っていた受刑者達と遭遇する。

 

彼らはずっと刑務所内にいた為、世の中が変わったことを知らなかった。
受刑者達とリック達はお互いに警戒をしながらも別々の建物で過ごす事になったが、
一人の受刑者がリックを襲ったことにより、
この関係が壊れ受刑者を殺害、監禁することになった。

その頃、アンドレアと謎の人物ミショーンは葉の陰に隠れて身を潜めていたところ、
メルルに見つかり捉えられ、ウッドベリーという街に連れて行かれてしまう。

 

そこでアンドレアが見たものは人々が壁に囲まれ平和に暮らす街だった。
それを見たアンドレアは安心したのか、この街のリーダーの総督を信じ二人は関係を持つ。
しかし、実はこの総督という男は自宅にウォーカーとなったものや
人間の頭部を飾っていたのだった・・・。

逃げた出した受刑者の一人が刑務所の扉を開け、ウォーカーを引き入れてしまう。
このことによって皆がバラバラになってしまい、Tドックが命を落とす
また、建物内を逃げていたローリが産気づいてしまう。

 

周りにはハーシャルや医療器具もない、何とか子供を助けようと、
ローリはマギーに帝王切開を頼んだ。
マギーによって子供は取り出されたが、ローリは出血多量のため助からない。

息子のカールは母がウォーカーとなる前に自らの手で母を頭を撃ったのだった。
そのことを知ったリックはショックで正気を失い、
刑務所内のウォーカーを一人で一掃してしまう。

 

街に不信感を持っていたミショーンは、一人街を出て旅立つ。
そんな時、ある街に物資の調達に来ていたグレンとマギーが
偵察していたメルルに捉えられ、拷問を受ける。

拷問の末、グレンは刑務所の事を話してしまう。
ミショーンは刑務所にたどり着き、リック達にグレンやマギー、ウッドベリーの事を話し、
共にに彼らの救出に向かう。

救出には無事成功したが、ダリルが奴らに捕まってしまう。
総督の家に侵入したミショーンはウォーカーとなった娘を発見した。

 

殺そうとするがそこに総督が現れ、「娘を傷つけないでくれ」と懇願する。
しかし、ミショーンは娘を刺し殺し、そこを去った。
残ったのは動かなくなった娘の身体を抱いて泣き崩れる総督だけだった・・・。

総督に裏切られたメルルは、捉えられたダリルと共に見せ物にされてしまう。
それをリック達に助けられたが、刑務所へ戻る途中、
過去の事からメルルはダリルと共にリック達から離れていった。

 

同じ頃、刑務所に新たな生存者の一団がやってきた。
彼らは刑務所にリック達に拒絶され、ウッドベリーに向かう。

総督が刑務所に攻め入ろうとするが、戻ってきたダリル、メルルによって返り討ちに合う。
アンドレアが仲を取り持ち総督とリックを話し合わせようとしたが、
どちらも譲らず、総督はリックにミショーンを渡せば他の人間は見逃すと言った。

 

しかし、その総督の計画はすべて嘘だと知ったアンドレアは
それを刑務所に伝えようとするが、途中追ってきた総督によって捉えられてしまう。
刑務所に戻ってきたメルルだったが居心地の悪さや罪悪感からミショーンを連れ、
取引現場へ向かう。

だが、道中ミショーンを解放し、ウォーカーを引き連れ一人取引現場へと向かったのだった。
メルルが連れてきたウォーカー達によって総督の計画は崩れた。

 

メルルを追ってきたダリルは変わり果て、
ウォーカーになった兄メルルを見つけ、涙を流すのであった。。。
計画が失敗に終わり逆上した総督は計画を漏らした
ミルトンとアンドレアを拷問部屋へと連れて行った。

ミルトンをウォーカーにし、アンドレアと共に閉じ込めた総督は街の人々を集め、
もう一度刑務所を襲った。だがそれも失敗に終わった総督は
連れてきたウッドベリーの人々を惨殺した。

その事を知ったタイリースやウッドベリーの生存者達は、
ウッドベリーを離れ刑務所へと向かうのであった・・・。

 

ウォーキングデッドシーズン3の個人的感想

なんといっても盛りだくさんな回でした!
農場から逃れてやってきたのはなんと刑務所!!刑務所!?安全なのか?
でもよく考えたら刑務所以上に人を隔離しておける場所ってないんだろうな。

で、ウッドベリー側だけど、あっちはきれいだけど、
胡散臭いがプンプンしたな〜、アンドレアはすぐに信じちゃったが、
ミショーンがずっと警戒心丸出しだったのが良かった。

 

アンドレアはすぐに心に入り込まれてしまう精神状態だったのか、
エイミーの事もあったのでそれには同情しますが、それでも洗脳されすぎ!!

メルルがウォーカーになっていたところを発見して泣き出すダリル。。。
一緒に泣いてしまいました。どうしようもない兄だったけれど、
ダリルにとってはたった一人の兄で、最後にはミショーンを救い、
皆を救おうとした。

 

きっと兄は善人だったんだと・・それを確信して泣いたのかな。。
いいなダリル。。

子供の為に命を落としたローリも、家族を守りたいリックも、
皆に認められたいカールも皆を助けるため奮闘したアンドレアやTドックも
皆皆皆の気持ちがよく伝わってくる回でした。

やっぱり人間って最後に善人になって死にたいのかな。。。
後悔や懺悔の気持ちに涙しました。
この回はウォーカーよりも人間同士の争いがよく書かれていたと思います。

 

この世界で生きていくには物資や武器が何よりも大事で、
それを奪われないように時には人を殺したり、
奪ったりそうすることで生きる事ができる。
しかし、それをやるかやらないかは、その人の選択で。。

その選択が人間性を決めて。。でもそれは仕方なくて。。。
考えさせられるな。。。

 

一人だけ理解できなかったのは、あいつです!総督です!
妻と娘を失い悲しいのは分かるのだが、それで人を傷つけるのは理解ができない!
部屋に頭を並べて恐怖心を消す?分からないです!

そして総督は生きているのか?また出てきそうな予感!!
刑務所を守り切ったリック達、新しく迎えたタイリースやウッドベリーの人々と
どうやって暮らしていくのか?次回が楽しみです!!

kandou joshi

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ