ダウントンアビーシーズン1 ネタバレ有りの個人的感想!

※以下、ダウントンアビーシーズン1の
あらすじネタバレを含む記事となりますのでご注意下さい。

私が最近ハマつた海外ドラマは、
「ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館」です。

元々英国や貴族といった言葉を聞くとトキめいてしまうのですが、
このドラマはその両方を
満たしてくれる本当に素敵なドラマです。

英国、貴族、アンティーク、メイド、執事、紳士、淑女、
というキーワードに1つでも
ご興味がある方は必ず気に入ってもらえると確信しています。

さて、ストーリーですが、舞台は20世紀初頭のイギリスです。
広大な領地と屋敷(ダウントン・アビー)を所有するグランサム伯爵。
伯爵家に仕える使用人たちは、今日も伯爵家の人達の生活を支えるべく、
日々の仕事に追われている。

(この時代、ベッドメイキングから暖炉の火起こし、カーテンの開け閉めに
至るまで何もかもが人の手で行われます。主人の手にインクが付かないように、執事さんが
アイロンがけするシーンもあり、萌えポイントです)

そんな何不自由ない伯爵家に、
ある日とんでもない知らせが飛び込んできます。
それは、豪華客船「タイタニック号」沈没の知らせでした。

ダウントン・アビーの人々にとって、
それはただの社会的なニュースではなく、
自分たちの生活を根底から揺るがすような大事件だったのです!

この辺の経緯はちょっと込み合っているので、説明が必要かと思います。
この時代のイギリスでは、爵位と財産を引き継げるのは男子(それも1人限定)でした。
難しい言葉で「限嗣(げんし)相続制 」というのですが、
この独特な制度が、物語の重要なキーワードとして何度も登場します。

ダウントン・アビーの現当主、グランサム伯爵(ロバート)の場合、
子供は3人の女子のみ。
(長女メアリー、次女イーディス、三女シビル)

そのため、次の当主は子供たちではなく、
ロバートの甥(パトリック)と決まっていました。
また、そのパトリックとロバートの長女メアリーと結婚することになっており、
メアリーは父親の爵位や財産を直接継ぐ権利は無いものの、
実質女主人としてダウントンに君臨するはずでした。

ところが、タイタニック号沈没の悲劇が。
このタイタニック号にパトリックとその家族も乗り合わせており、
全員亡くなってしまったのです。

後継者を失ってしまったクローリー家。
(ややこしいですが、領地・屋敷がダウントン・アビー、
爵位名称はグランサム伯爵、一家の苗字はクローリーです)

さっそく後継者探しが始まりましたが、
このままでは一家とは何の縁もゆかりもない他人同然の
人物が継ぐ事になるかもしれない、と一家も使用人たちも気が気ではありません。

そして遂に見つかった後継者は、貴族(上流階級)ではなく、
アッパーミドル(中流階級)の青年(マシュー)でした。

「よりによって、自分たちの主人が中流階級の人間だなんて!」

一家も使用人たちも激しく動揺してしまいます。
特に、次の後継者と結婚することで
家を守る役割を期待されているメアリーは激しく反発。

マシューは中流といっても、父は医者、本人は弁護士、
と現在の私たちの感覚からすると
「何がだめなの??」と言いたくなりますが、この時代の貴族と中流階級の人では、
価値観から考え方まで何もかも違うようです。

「領地を案内したいが、いつならいいか」と聞かれたマシューが「週末なら」と答え、
「週末って何?」と言われていました。
使用人にも「紳士は働かないものよ。本当の紳士ならね」などと陰口を叩かれる始末。

さあ、マシューは一家や使用人の心を束ね、
ダウントンの後継者になれるのか?

マシューに反発を覚える長女メアリー、密かにマシューに熱を上げる次女イーディス、
貴族の生活には馴染めないものの、メアリーには好感を抱くマシュー。
3人の恋の行方は?

使用人たちは使用人たちでそれぞれ仕事上のいざこざや恋があって、目が離せません。

※この記事を書いている2014年9月時点で、
ダウントン・アビー、NHK総合で11月30日よりシーズン2開始。
それに先駆けて、11月1日深夜、2日のお昼にシーズン1を一挙放送予定。
本場イギリスではシーズン5まで放送されている大人気ドラマ。
これはもう、見るしかありません!

kandou joshi

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ