メンタリストシーズン1ネタバレあらすじ・個人的な感想「ジェーンの執念が・・・」

全米で人気のミステリードラマ「メンタリスト」シーズン1を見ました!
あらすじとしては主人公が相手の心理を見抜き、
犯人を見つけ事件を解決していくという前代未聞な捜査方法。

そんな観察眼をもつ主人公パトリック・ジェーンの行動や言動が鍵となり、
目が離せず見入ってしまいました!
ネタバレが嫌だったので見る前に友人から話を聞かなくて正解でした。

 

以下、メンタリストシーズン1のネタバレあらすじ記事になります!!

 

主人公のパトリック・ジェーンはイケメンで優しそうな顔をしているが、
いつもどこか寂しそう。ジェーンはCBI(カリフォルニア州捜査局)に所属、
メンタリズムという才能を買われてコンサルタントとして捜査協力をしています。

なので警察バッジや拳銃、手錠などは持ってないんです。

ジェーンがいる捜査チームはテレサ・リズボンという優秀な
女性捜査官を筆頭に、元軍人のキンブル・チョウ、
元放火捜査官のウェイン・リグスビー、
美人で新人捜査官のグレース・ヴァンベルトの5人のチームです。

 

シーズン1の1話は「レッド・ジョンの影」というタイトルなのですが、
このレッド・ジョンというのはジェーンの妻と子供を殺した連続殺人犯。
レッド・ジョンは殺人の証拠を巧妙に消し去る為、
未だその存在は謎のままになっている。

そもそも何故ジェーンの妻子が殺害されてしまったのか。
それは過去のジェーンの行動にあった。
ジェーンは自分を霊能者とかたってTV出演をしていた。

 

すると番組中にレッド・ジョンの事件に触れ、
彼を挑発してしまったことで妻子を殺害されてしまったのです。
ジェーンの宿敵なのです。

1話の事件では、トリバー家の3人家族の娘が行方不明になっていたが
遺体となって発見された。
犯人は第一発見者である近所の子供であるという。

 

ジェーンとリズボンが事件現場へ颯爽と歩いていく。
周りには取材陣が取り囲んでおり、
そこで遺体となって発見された娘の両親が記者会見を開いている。

その最中、母親のジュンは父親の手を
振りほどこうとしたり体を背けたりしているが、
その様子をジェーンはじっと見つめる。この両親には
何かあるなと確信したような表情を浮かべながら・・・。

 

次にジェーンは犯行現場である家の中へと1人で入っていく。
玄関を入り、長く広い廊下を辺りを見回しながら部屋の奥へと入って行く。

まずはキッチン。白を基調としたキッチンで物は整理されている。広く綺麗なキッチン。
するとなんと!犯人の証拠を探すのかと思いきや、
いきなりカチッとコンロに火を付けヤカンでお湯を沸かしている!!

 

そして勝手に冷蔵庫を開けサンドイッチを作り食べ始めた・・・。
お腹空いてたのかな~でもなぜかおいしそうなサンドイッチ。

そんなサンドイッチを頬張りながら右の方に何やら目に止まったものがある。
ゆっくりと近づいていくジェーン。
それは壁に貼ってある家族写真だ。

 

色々な家族写真がある中で1番気になった写真が
今回亡くなった娘と父親が2人で写っている写真。
証明写真のように縦に4枚連なっている。

そんな写真を横目にヤカンに沸いたお湯で紅茶を入れていると
母親が家の中に入ってきた。そこでジェーンは母親に「力になりたい」と申し出る。

 

なぜか母親の分の紅茶も用意していたジェーンは
母親を椅子に座らせ手を握り、目を見つめ、落ち着かせる。

ジェーンはまず母親のジュンの事を言い当てていく。
母親は「霊能者?」と問うとジェーンは一言「観察したんです」と。
次にジェーンは父親の事を語り始め、これもズバズバと言い当てていく。

 

そして最後に「どうしてご主人を疑っているんです?」と質問をする。
母親は気まずそうに下を向く。
自分の心情を見破られてしまい動揺を隠し切れない様子である。

ジェーンが「話して」と言うと母親は、
去年から父親と娘の様子がおかしかったと話し始める。
だが、父親の犯行だと信じたくない母親はやはり連行された子供が犯人だと
言い張るがジェーンも父親の犯行だと思っているようだ。

 

そこで父親が母親を探しに部屋に入ってくる。
ジェーンは椅子から立ち上がり振り返って父親に近づきこう言う。
「娘を殺しました?」と。父親はゆっくりと怒りをあらわにし、
「クビにしてやる!」とイライラが爆発。

すると母親が急に椅子から立ち上がり、部屋の奥へと早足で入って行く。
ジェーンは父親に対し「殺してないなら普通殴りかかる」
と更に挑発するような事を言う。

 

父親の怒りは頂点に達し、大声でジェーンを怒鳴り散らしている。
次の瞬間カチッという音がする。
ジェーンと父親は音の方を振り向くと母親が銃を父親に向けている。

そしてバン、バン!と父親を打ってしまう。
銃声を聞きチームボスのリズボンと警察官達が部屋に入ってくる。
父親はその場に倒れ、死亡。
母親は1人でスタスタと庭へ出て行き、リズボンが追いかけ逮捕となった。

 

後日、娘の日記が部屋から発見され以前から体の関係があったという。
その事を断ってしまったがために犯行に及んだという事が分かった。

2週間後、プロゴルファーのプライスの自宅で
妻のアリソンと男の主治医タネンの殺害事件発生。
しかし上記の件でジェーンは停職処分を受けてしまう。

 

ジェーンのせいで母親が頭に血が上り父親を殺してしまったと言うのだ。
ジェーンなしの捜査チームで事件現場に向かっていると
「おはよう、みんな!」と爽やかな声がする。

リズボン達は振り向くとそこにはジェーンが。
ジェーンなしで捜査は進むのかと思いきや、
自らタクシーで事件現場へ出向いたのだ。

 

今回の事件はレッド・ジョンの事件ということでジェーンも飛んできたのだ。
しかしリズボンは「来週出直して」とジェーンを突き帰す。
諦めきれないジェーンはリズボンの上司に直談判をし、捜査に加わることになった。

早速、検死室にてリズボン達と合流したジェーン。
2人の遺体をゆっくりと見て回り観察している。
するとジェーンは「主治医はゲイだ」と言った。リズボン達はジェーンの顔を見合わせる。

 

タネンの同僚のワグナーという以前からプライス家の
かかりつけの医者がおり、身元確認の為に来ていた。
話を聞くことになり、ジェーン達はワグナーの元へ向かう。

椅子に腰をかけ、俯いているワグナー。リズボンに声をかけられサッと立ち上がり、
ワグナーからも「彼はゲイだ」と証言する。
ジェーンも証言を聞いた瞬間やはりな・・・という顔色を浮かべる。

 

更にプロゴルファーのプライスはパイプカットをしているとの情報も得る。
だが、アリソンはタネンから避妊薬を依頼していることが分かった。

殺害現場に戻ったジェーン達は部屋を捜索しているとある物が
目に飛び込んでくる。血で書かれたスマイルマーク。

 

レッド・ジョンにはトレードマークがあり、
殺人を犯した後部屋に被害者の血でスマイルマークを書き残していくというもの。
ジェーンの顔色が変わり、レッド・ジョンへの復讐が頭をよぎる・・・。

だが、ジェーンはこれはレッド・ジョンの犯行ではないと断言する。
それは何故か。それはスマイルマークの書いてある場所にあった。
レッド・ジョンは部屋の目に入りやすい場所に書き残していくのだ。

 

ジェーンはすぐさま模倣犯の仕業だと考え、レッド・ジョンの犯行を否定した。
その日の夜、ジェーンはホテルの部屋でベットに横になりながら
テレビを見てくつろいでいる。

なにやら気配を感じ、ドアの方を見る。
するとドアの下の隙間からカサカサッと1通の手紙が入り込んでくる。
ジェーンはドアに向かい歩いていき、
手紙を開けると血で書かれたスマイルマークが書いてあった。

 

顔色が変わり、すぐさまドアを出て追いかける。
廊下の突き当たりの非常階段へ黒い人影が走っていく。
ダダダダ・・・。ジェーンも同じく追いかける。

非常階段のドアを開け、下を覗くと黒い人影が階段をすごい勢いで
駆け下りている。ジェーンも急いで駆け下りるも、
慌てているせいか途中で足がもつれて倒れこんでしまう。

 

それでも諦めずに追いかけるジェーン。
1Fにつきドアをバーン!と開け、息を切らせながら外に飛び出し
ジェーンは辺りを見回す。だが、そこにはもう誰も居なかった。

捜査チーム全員が部屋に集まり、新人捜査官のグレースが手紙を読んでいる。
手紙の内容は次の殺人予告が記してあった。
そして血液と毛髪も一緒に同封されていたのだ。

 

検査結果で血液は殺害されたアリソンのもの。
そして毛髪はなんとプライスの弟のものだと分かった。
毛髪の事でプライスの弟を取り調べていると意外な事実が発覚した。

弟は殺害されたアリソンと不倫をしていたという。
ジェーンは手帳に何やら徹夜で書き始める。
朝、みんなが出勤する前にすでにデスクで手帳を書き記していた。
電話の音にも気付かずに。

 

そこへヴァンベルトとリグズビーが出勤、
リズボンがワグナーにアポを取り、
ジェーンの不眠症に対して睡眠薬を処方してもらうよう依頼する。

睡眠薬をもらいにワグナーの元を訪れるジェーン。
ワグナーはジェーンに「何故眠れないのか?」と問う。
するとジェーンは遠い過去の記憶が蘇る。

 

そう、自分が霊能者とかたってテレビ出演をしている最中
レッド・ジョンを挑発し、彼を怒らせてしまった事を。
番組後、自宅に帰ってきたジェーン。
大きな豪邸に住んでおり、1Fは窓ガラスが多く中の様子が見える。

1Fに人の気配はない。ジェーンは軽やかな足取りで2Fに上って行った。
階段を上りきると廊下には家族写真が何枚か飾ってある。
その廊下の突き当たりの部屋のドアに張り紙が1枚貼り付けてあった。

 

当然ジェーンは妻からの手紙だと思い、ドアの前まで歩いていき、手紙を読んだ。
その手紙はレッド・ジョンからの手紙だった。
ジェーンの顔色が変わり、動揺している。

恐る恐るドアノブに手を掛け、ドアを開く・・・。
ガチャン、ギーとゆっくりドアが開く。
するとまず目に飛び込んできたのは、あのスマイルマークだった。

 

ジェーンが忌々しい過去の記憶を思い出しているとワグナーに声を掛けられる。
ジェーンはボーッとしているがハッと我に返る。
ワグナーはジェーンに睡眠薬の処方箋を渡し、玄関まで見送る。

その途中でタネンの日記の事を話し始める。
翌日にタネンの部屋を捜索して日記を見つけるとジェーンはわざと伝える。
ワグナーは日記の事が気になってしまい、
ジェーンを送った後すぐにタネンの部屋に行き日記を見つけようと物色する。

 

そこへ「探し物ですか?」と声を掛けられワグナーはビックリして後ろを振り返る。
そこにはジェーンが立っており携帯を忘れたと戻ってきたのだ。
そしてジェーンは一緒に日記を探そうとする。

部屋の中をゆっくりと歩き回り、何かを感じ取ったように本棚の前で立ち止まった。
だが、本棚ではなく本棚の下にあると気付き寝そべりながら手を入れ日記を見つける。
しかしそれはジェーン自らが持ってきた日記であった。

 

うまいこと今見つけたかのように装うジェーン。
ジェーンは日記をペラペラとめくり中身を確認している。
そこへワグナーがゆっくりとジェーンに近づいてくる。

ジェーンは中身を見られないようにパシャン!と日記を閉じ、
「ご協力どうも」と握手を交わし、颯爽と部屋をあとにする。
するとワグナーが小走りで「あの携帯・・・」とジェーンを引きとめワグナーの部屋へ誘導する。

 

2人は部屋に入り、ジェーンはソファの所へ歩いていき携帯を探している。
ワグナーは自分のデスクの後ろの扉からゴソゴソと何かを取り出している。

ジェーンが携帯を見つけ、部屋を出ようとするとワグナーは
銃をジェーンに突きつけ、「日記を渡せ」と言う。
ジェーンは冷静に日記をワグナーに渡す。

 

ジェーンはワグナーが犯人だと確信していたのだ。
タネンは自分の金儲けの為にワグナーがアフリカの子供達を
助ける為の活動を妨害しようとしていたという。

アフリカの子供達を助ける為にタネンを合理的に殺したと自白する。
アリソンはその巻き添えになってしまったのだ。

 

ジェーンはワグナー医師を逮捕しようとするも
(実際ジェーンは警官ではないので逮捕はできないのですが・・・)
銃口を向けられている。

一瞬の隙をつきジェーンは手元にあった装飾品を投げつけ逃げる。
逃げるジェーンに2発バン!バン!と発砲。
うまいこと避けてジェーンは階段をダッシュで駆け下りる。

 

ワグナーもそれを追いかける。
玄関に辿り着くとリグズビーが待ち構えており、ワグナーはそのまま逮捕となった。

次の日、事件解決のお祝いにとドーナツを買ってきたジェーン。
だが、ジェーンの身勝手な行動にリズボンは怒っている。
そんなリズボンにカエルの折り紙をデスクに置くとカエルがピョンと跳ね、リズボンは笑った。

 

その夜、ジェーンは1人自宅に帰り電気もつけず2Fに上がり、ベッドに腰をかける。
何か思いつめた様子で俯きかげんでボーっとしている。
恐らくレッド・ジョンの事を考えているのだろう。

そのままベッドに横になると、なんと壁にはスマイルマークが書き残されていたのだ。
これはレッド・ジョンからの殺害予告なのだろうか・・・。
次に州立公園内でエマ・プラスケットという女性の死体遺棄事件が発生。

 

リグズビーとチョウが遺体の確認を行っている。
そこへジェーン、リズボン、ヴァンベルトの3人が現れる。
遺体を確認したジェーンは驚き、後ずさりする。それは何故か。

連続殺人鬼レッド・ジョンの手口と全く同じなのだという。
ジェーンの妻が殺害された時と同様に足の爪が血で塗ってあったのだ。
それでレッド・ジョンの仕業だと確信する。

 

だが、リズボンは単なる偶然だと言うが次の瞬間セスナ機の音が
聞こえ現場にいるみんなが上空を見上げた。
リズボンが一言「嘘でしょ・・・」とみんなの目線の先にはスマイルマークが描かれていた。

公園内で発見されたエマの双子の姉マヤが行方不明との事で
ジェーンとリズボンで家族に話を聞きに行く。
姉妹の部屋に入り、そこでジェーンは統計的に見て父親が犯人だと言うのだ。

 

確かにレッド・ジョンの犯行であるが、2人同時の犯行や空に描く
スマイルマークは今までの手口と違う為、
他に誰かが関わっているとジェーンは考えている。

両親の話では双子の娘達は2~3ヶ月前からドラッグにハマっていた。
今回殺されたエマの彼氏ガスリーが怪しいと聞き、話を聞きに行く。
ガスリーの自宅に行き、ドア越しに警官がガスリーの名前を叫んでいる。

 

だが、何も返答はない。
ドアをそっと開けもう一度ガスリーの名前を呼ぶ。
そこへいきなり部屋の奥から番犬がすごい勢いで飛び出してくる。

「ハッハッハッ バターン!」思わずドアを閉めリズボン達が
怯んでいる隙に裏口からガスリーに逃げられてしまう。

 

ヴァンベルトがスマイルマークの事について飛行場へ話しを聞きに行くと、
私書箱があることが分かる。
だが、令状がないと私書箱を開けられないと追い返されてしまう。

しばらくし、ガスリーの家から犬を外に出してガスリーの元へ走らせる。
ガスリーは小さな小屋の中に隠れていた所を確保される。
取調室でジェーンはエマの遺体が発見された事と姉のマヤが行方不明な事を告げる。

 

ガスリーは驚くが、双子の姉妹とは2~3回遊んだだけでよく知らないし、
事件とは無関係だと言うのだ。
ジェーンは嘘だと見抜き、協力しないなら拷問すると脅す。

するとエマと付き合ってた事を認める供述を始めた。
1ヶ月前からエマと別れるよう連絡があったという。
ガスリーもその相手は分からないがソフトで穏やかな声だったと話した。

 

ガスリーとエマはその連絡後も付き合っていたが、
ある時ガスリーが目を覚ますとそこには豚の生首が置いてあったという。

エマとの付き合いは内密にしてた為、
相手は監視していたのではないかと言うとジェーンは黙って部屋を出て行く。

次に双子の姉妹の兄のドレイクから話を聞くことになり、
ジェーンとリズボンが自宅に向かう。
ジェーンはまた姉妹の部屋に行き、1人で部屋を見て回っている。

 

ドレッサーにいっぱい姉妹の写真が飾ってある。
ジェーンがふとベットに腰をかける。
すると何やら違和感を感じている。ドレッサーの周りをウロウロ、キョロキョロしている。

ドレッサーの後ろにあるカーテンに目が行き、
カーテンレールの近くのヒダの部分をめくるとそこにはなんと
隠しカメラとマイクが隠されていたのだ。驚いたジェーンは急いでリズボンを呼んだ。

 

ジェーンは真っ先に一番怪しいと兄を疑った。
すると父親が8ヶ月前に空き巣に入られたと言い出した。
ジェーンは父親の顔をじっと見つめ、何やら腑に落ちない様子である。

そこへリグズビーからリズボンに連絡があり、今から私書箱を開ける連絡であった。
私書箱を開けると手紙が入っており、内容はロザリンドという人物からで
ロイ・タリア・フェロという宛先の人物に会いたいという内容だった。

 

ロイ・タリア・フェロはレッド・ジョンだとジェーンは言う。
手紙の内容からしてロザリンドは
レッド・ジョンに会っているとジェーンは確信し、会いに行く。

森の中にひっそりと建っている1軒の家。ロザリンドの自宅である。
家の周りは木々が生い茂っている。
玄関に行き、ロザリンドという女性が出てくる。

 

ブロンドの長い髪で目は青、綺麗な女性。
リズボンは警察バッジを見せるも「IDを触らせて」と警察バッジを手で確認している。
そう、ロザリンドは目が見えないのだ。ジェーンは少し動揺した様子でいる。

ロザリンドにロイ・タリア・フェロが連続殺人犯の
レッド・ジョンかもしれないと言うも「ありえない」と断言される。

玄関を閉めようとするとジェーンが足で止め、部屋に入る事を断られる。

 

だが、強引に入って行くジェーン。
ロザリンドは2Fへ上って行き、階段の一番手前の部屋に閉じこもってしまう。
すぐにあとを追いかけジェーンも2Fに上る。

ジェーンは双子の姉妹の事件の事や自分の妻子がレッド・ジョンに殺された
事を話すとゆっくりとドアを開けてくれた。
ジェーンは部屋に入り、ドアを閉める。ロザリンドは部屋の隅の椅子に座っている。

 

ゆっくりロザリンドに近づいて行き、
ふと右側のベッドの方に目をやるとなんとそこには血で書かれたスマイルマークが
壁に書いてあったのだ。ジェーンは硬直した。息づかいも荒くなっていく。
ロザリンドは盲目の為、スマイルマークが見えないのだ。

ジェーンはスマイルマークの事には触れず、ロザリンドの話を聞く。
過去にロイが車の故障で電話を貸してほしいとロザリンドの家を訪れたという。

 

その後、ロザリンドとロイは5ヶ月間交際をしていた。
ロイは近くでビジネスをしていると言ってプラッと
立ち寄ることが多かったという。
だが突然ロイはロザリンドの元を去ったのだ。理由も行き先も告げずに・・・。

ジェーンはロイの体格を聞いた。
背は180センチ位、体格は普通、髪は真っ直ぐで短く声はソフトで手はゴツゴツしている。
松と釘と土の匂いがし、ロザリンドのピアノ演奏が好きだという。好きな曲はバッハ。

 

ロザリンドは人と関わらないようにしていた為、ロイを見た者はいないという。
しかし感謝祭の日にデュマールという友人を連れてきている。

デュマールはヘビースモーカーでその日もたばこを切らし、
買いに出かけるとたばこと一緒にゾウのぬいぐるみも買ってきたのだ。

そのぬいぐるみを手がかりにレッド・ジョンの捜索を始める。
ヴァンベルトがロイ・タリア・フェロについて調べているとカット・アイアンという会社が
農場を買っていて大量の建築資材を仕入れているというのだ。

 

ロイの匂いと関連があるとみてリズボンは令状を取りに行き、
ジェーンとハーディ保安官は2人で行動を共にする。

チョウとリグズビーはぬいぐるみについて販売店を突き止め、
防犯カメラを見せてもらえることになった。
すると感謝祭の日、たばことゾウのぬいぐるみを買った人物はなんとハーディだった。
デュマールはハーディであることが判明。

 

ジェーンとハーディは農場に行き、小さな小屋に向かった。
そこでハーディが地下の隠し階段を見つける。
息づかいが荒くなっていくジェーン。

暗闇の為、壁などを触りながら慎重にゆっくりと階段を降りて行く。
その後ハーディも降りて行く。
地下に扉があり覗き穴を覗くとそこには行方不明になっていた姉のマヤがいた。

 

ホッとしたジェーンが振り向くとハーディがジェーンに銃を突きつけている。
レッド・ジョンの最初の犯行の共犯者オーバル・タナーという
男の息子がデュマールなのだという。

デュマールはレッド・ジョンのことをよく知っており、かわいがってくれたと。
だがジェーンはレッド・ジョンは人を利用しているだけだと言うがデュマールは
「レッド・ジョンはいい奴だ。俺にマヤをくれた」
と言っている。そこへリズボンが現れ、デュマールに銃を突きつける。

 

リズボンは令状を取りに行ってなかったのだ。

デュマールは何故分かったのか聞くと、
ロザリンドからデュマールはたばこをやめたがっていたという証言を聞き、
ずっとニコチンガムを噛んでいた事、
8ヶ月前の空き巣もデュマールで隠しカメラとマイクを取り付けたとジェーンは言う。

 

すると突然、扉が閉まりデュマールが暴れ出す。
リズボンが何とか取り押さえるもその様子を隠しカメラで撮影されおり、
別の誰かが小屋の中で監視していた。

チョウとリグズビーが小屋に踏み込むと、
別の誰かは裏口からそっと逃げ出してしまう。
マヤは救助され、ジェーンは小屋の中にレッド・ジョンがいたと言う。

 

怪我を負ったデュマールを搬送しようとするが自分で持っていた鍵で手錠を外し、
近くにいた警官の拳銃を奪い発砲する。
近くにいた警官は撃たれてしまう。

デュマールがリズボンを撃とうとするとジェーンがデュマールに発砲。
デュマールはその場に倒れこみ、ジェーンがデュマールの側に行く。
デュマールは「レッド・・・ジョン・・・」とか細い声で呟き、笑いながら死んでいく。

 

マヤは両親の元へ帰され、結局レッド・ジョンの事は何も分からないまま事件解決。
最後ジェーンは小さく笑った。

以上、メンタリストシーズン1のあらすじ記事でした!

 

メンタリストシーズン1の感想

メンタリストシーズン1を見終えた感想としては、
家族を殺されたジェーンの執念がすごいと思いました。
素晴らしい家族愛です。何よりジェーンの観察眼がすさまじい!!

あんなにズバズバ言い当てて外れたらどうするんだろう・・。
写真や部屋の中を見ただけでその人の性格とかがわかっちゃうなんて
「前からずっと調べてたでしょ?!」とツッコミたくなる感が満載でした(^^:)

 

日本じゃ考えられないと思いました。
だってあれで全然的外れな事言ってたら訴えられますよね(汗)

でもジェーンの皮肉たっぷりのセリフや捜査中スーツのポケットに
手を突っ込みながら現場をウロウロしたりと軽い感じが好きでした!
半ば、一般人じゃないかと思わせる行動でしたから(笑)

 

あとは声優さんの声がこれまたイイ!!
ジェーンの役柄とかなりマッチしてて聞いててスッと頭に入るというか
聞き心地が良かったです!

そしてレッド・ジョンとは一体何者なのか。
ジェーンはレッド・ジョンへの復讐を果たせるのか。
結局レッド・ジョンの事は未だ謎のまま・・・。

 

シーズン2でもレッド・ジョンの正体はわからないのかな~。
意外にもジェーンのすごく身近にいる人物がレッド・ジョンだったり・・・!
謎は深まるばかり。

でも最終回の犯人を搬送するシーンで自分の持ってた鍵で
手錠を外しちゃうって持ち物とか全部チェック
しないのかなぁ??あれは警察の不注意だと思ったけど笑。

 

それにしても今後がすごく気になる終わり方でした!
かなりオススメのドラマです!!
是非ぜひ見てみてください!

そしてレッド・ジョンが犯行の証拠を巧妙に消し去り、
ジェーンがそれに振り回される様子やジェーンの声に癒されてください(笑)

早くシーズン2が見たい!!待ちきれない!!

kandou joshi

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ