メンタリストシーズン2ネタバレあらすじ・個人的な感想「殺されるー!」

早速メンタリストシーズン2見ました!
シーズン1では、レッド・ジョン関連の事件が何件かありましたが、
結局謎だらけで何もわからずじまいでした。

これまでのメンタリストのあらすじは、
第1話でジェーンはレッド・ジョンに妻子を殺されるという過去が明らかになって、
ジェーンの執念が復讐となってメラメラしてました!

 

自分のボスより上の人間に直談判して捜査に加わったりして。
だけど、いつもレッド・ジョンが一歩リードしてて、
最終話では同じ小屋の中にいたにも関わらず、逃がしてしまったり。

レッド・ジョンの情報を持っている犯人も最後は死んじゃって、
最終的に何も情報得られず・・・。

 

以下、メンタリストシーズン2あらすじネタバレ記事

サクラメントのショッピングビルで殺人事件発生。男性が殺された。
ジェーンとリズボンが警備員に現場まで案内される。
凶器はまだ見つかっておらず、ジェーンは遺体をくまなく確認した。

警備員が取り押さえたという容疑者6人をジェーンが1人ずつ尋問していく。
すると市議会議員の妻マンディが凶器に導いてくれるというのだ。
ジェーンはマンディの手をとり、辺りをゆっくりと歩いていく。

 

他の容疑者も2人の後をついていく。ショーケースの上に箱が置いてあり、
ジェーンがゆっくりとその箱を開けると血痕のついたガラスの瓶が入っていた。
マンディを囮に使い、真犯人を油断させたのだ。

ジェーンは従業員のニールが犯人だとは言う。
理由は殺害された男とニールの妻が浮気をしていたという。
すると突然ニールが逃げ出し、銃声が鳴り響く。そこでニールは死亡した。

 

今回の件でレッド・ジョン関連の事件は全てリズボンの元ボスの
ボスコという男のチームが行うことになった。
ジェーンは自分がレッド・ジョンの事件を扱えないならと退職しようとする。

「無意味な仕事だ」と。
だがジェーンは考え直し「みんなを見捨てるわけにはいかない。
もう1件だけ付き合う」と一緒に現場に向かった。

 

今度の事件はアパートの部屋で身元不明の女性が殺されていた。
部屋に入ると部屋の真ん中で女性が死んでいる。
部屋の中は荒らされており、犯人は何かを探していたとヴァンベルトが推測する。

壁に写真が飾ってあり、男女4人が写っている。
写真に写っている女性が着ているTシャツが地元のバスケチームで
チーム内の選手と同じ苗字のモニカ・ダニンジャーの消息が
不明との新聞記事がネットに掲載されていた。

 

ダニンジャーは職場の印刷会社から100万ドルを横領した疑いがあった。
バスケチームがあるベイショアへ行くことになった。

ジェーンには考えがあり、ベイショアへ行く前にチョウと
現場近くの売家を探すことになった。
1件理想的な売家を見つけジェーンはポスト一杯に入っている手紙を1通取り出し、
マイルズ・ソーセンという宛名を確認する。

 

するとその手紙に電話をくれと伝言を書き残し、立ち去って行く。
捜査前にジェーンはリズボンにまだ仕事を続けさせてくれとお願いする。
リズボンは今後はルールを設け勝手な事をしないならと
ジェーンの残留を承諾する。

ベイショアに到着し、女性の家族の家に行った。
そこには夫、娘のケシー、息子のアンセルがいた。
娘の話では母親は最低の母親だったという。

 

アンセルがガンになったときはお酒と不倫にどっぷり浸かっていた。
不倫相手はボーディー・アンドラス。
話を聞き終わり、帰り際にジェーンは家族3人にマイルズ・ソーセンは
知っているか?と質問する。3人共知らないと答える。

チョウとリグスビーがボーディー・アンドラスの元へ行き、同行してもらった。
ボーディーはモニカから取引したから何も心配はないと言われたという。

 

ジェーンはサクラメントに戻り、ボスコに会う約束をしていた。
レッド・ジョンの事件を取られ不満だが
「新鮮な目線が必要かもしれない」とジェーンは言う。

ジェーンはボスコに情報の共有を求めるがボスコは
「君は刑事じゃなく被害者だ」とジェーンの提案を拒否する。

 

ジェーンとリズボンはダニンジャーの職場の印刷会社へ向かう。
会長のロンダ・ジャーニーから話を聞く。
ロンダは「モニカの事件はショックです。お金の事じゃなく裏切られたことが」と。

ジェーンはロンダにもマイルズ・ソーセンは知っている?
と聞くが知らないと答える。

 

オフィスに通され、そこでジェーンは1枚の写真が気になったようだ。
ダニンジャーの上司グレッグ・ハンフリーから横領の手口を教えてもらい、
またもやマイルズ・ソーセンの事を聞く。

当然知らないと答える。
するとヴァンベルトが娘のケシーが5ヶ月前から家賃や公共料金の支払いを
現金払いに変えているとの情報をキャッチした。

 

ケシーはモニカ行方不明の1ヵ月後に連絡があり、
その2日後に手紙が届き5千ドルの現金がも同封されていたという。
それから毎月5千ドルずつ届く。

リズボンは母親を軽蔑し、連絡があったのに隠してたと怪しむ。

ジェーン、チョウ、リグスビーで売家に向かった。
そこでジェーンは勝手に売家に入り込んでしまう。
そこへ犯人が来るように仕向けたと言い、犯人が来るまでひたすら待った。

 

リグスビーには図書館に行ってもらった。
するとしばらくして売家の玄関がガチャと開く。
ゆっくり入ってきたのは印刷会社の会長のロンデだった。

ロンダはジェーン達に気付き、間違えたと出て行こうとするも、
ジェーンはロンダを呼び止める。
ロンダはゆっくりジェーン達の方へ近づいて行く。

 

ジェーンとチョウの雰囲気を見て「弁護士抜きじゃ何も話さない」と言うが、
ジェーンは「最初からあなただとわかっていた」と断言する。

オフィスで話をした時に小切手を持った写真を見て犯人だと気付き、
横領がバレそうになった為モニカに取引を持ちかけたのだ。
罪を被り逃げれば息子のアンセルに名医を紹介し、
潜伏中の手当ては毎月支払うと条件を出した。

 

しかしアンセルが完治するとモニカは約束を破ろうとし、殺したという。
図書館にいるリグスビーに電話をかけ、ある本を探してもらっていた。

するとその本はモニカがすり替えた印刷会社の帳簿とDVDが入っていた。
そのDVDにはモニカが自分に何かが起きたときの為に残しており、
横領の事実と家族に対しての思いが残されていた。

 

ジェーンはオフィスに戻り何やらボスコになりきり、電話を掛けている。
誰かに見られた可能性があり内部アクセスパスワードを変更したいと申し出ている。
最後に何かを企んでいるような顔でニヤッと笑った。

次にジェーンとクリスティーナがレストランで食事をしている。
クリスティーナとは最初に登場したのがシーズン1の第7話で
被害者のスピリチュアル・カウンセラーであった。

 

ジェーンはクリスティーナの事を快く思っておらず、
シーズン2の第1話でも登場した。
霊感があり、亡くなった人と交信ができるというのだ。

オフィスでヴァンベルトが事件のメールを受け取った。
添付ファイルを開くと映像が流れている。
それは深夜。1軒の家に向かって誰かが歩いて行く。

 

玄関の鍵をピッキングで開け、家の中へ侵入。
リグズビーは単なる悪戯だというが、カメラは寝室に向かい、女性が1人で寝ている。
そして壁にはあのスマイルマークが書き残されていた。

ジェーンはクリスティーナと食事中、トイレに行き落ち着かない様子で
何やら思いつめた表情を浮かべている。

席に戻り、クリスティーナに何か言おうとした時ジェーンの携帯が鳴り響く。
ヴァンベルトからの連絡ですぐにオフィスに来てほしいとの事。

 

クリスティーナとオフィスに戻り、映像を確認する。
リズボンの話ではレッド・ジョンは今までに犯行映像を撮ったことはなく、
クリスティーナはこの映像を見て
被害者の女性は最近水辺の近くで殺されていると言う。

ジェーンは「犯行現場を見たい」と。
するとベイエリアで殺人事件発生。
壁にスマイルマーク、被害者は女子大学生のマーリー・スパロウ。

 

ジェーンはリズボンの上司ハイタワーにクリスティーナを
現場に連れて行くのを止めてほしいと申し出る。
「レッド・ジョンは僕のホシだ」と自分で決着をつけたいからだ。
その事に気がついたクリスティーナは自分から事件から離れていく。

ジェーンは現場につくと被害者マーリーとレッド・ジョンと関係があるのか部屋を探し回った。
だが、レッド・ジョンとの繋がりは見つからなかった。

 

マーリーのルームメイトのルースにリズボンが話を聞く。
ルースは2日間スノボに行っておりその間、マーリーは彼氏のグレイディ・シップ
が来ると部屋に残ったのだ。

グレイディ・シップはサンフランシスコで警官をやっており、
ルースは1回も顔を見たことがないという。

 

次にリズボンはマーリーの勉強面をサポートしていた
女性アドバイザーのケッチャーに話を聞いた。

すると9ヶ月前の授業でディスカッションのときにある生徒から
レッド・ジョンの名前が出たというのだ。
その時の生徒の名簿を提出してもらうよう依頼する。

 

ジェーン、リズボン、チョウ、リグスビーの4人は
小さなバーで今回の事件の途中経過を話し合っている。
調べではグレイディ・シップという警官は存在しないという。

するとテレビ番組に霊能力者としてクリスティーナが出演している。
クリスティーナはレッド・ジョンに対して「あなたは変われる」と
見透かしたような言い方でレッド・ジョンに語りかけている。

 

それを見たジェーンは急いで店を出て行く。
クリスティーナは私は真実を語っただけで
レッド・ジョンは自分を狙ったりしないと言い切る。

チョウとリグスビーでマーリーの手帳に書いてあった住所へと向かう。
そこは廃ビルで中に人の気配はない。
2人は銃を片手に警戒しながら2Fへと登っていく。

 

すると部屋一面に血で書かれたスマイルマークがいくつも書かれていた。
屋上のほうからカサカサと物音がする。曇りガラスの天井で光が差し込んでいる。

上を見上げると人影が見え、2人は何発か発砲され、
あと少しの所で逃げられてしまう。
だが犯人は一眼レフカメラのレンズの蓋を落としていった。

 

ジェーンは逃げ出した犯人はカメラ好きだと言い、
チョウとリグスビーに学校の映画研究会を調べてもらうよう頼んだ。
映画研究会の顧問が女性アドバイザーケッチャーで生徒の名簿を受け取る。

 

そこで映画研究会の部員名簿も見せてくれた。
すると両方の名簿にウエスリー・ブランクファインという名前があった。
ケッチャーがウエスリーは少し変わっていると言った。

 

ウエスリーの部屋に行ってみると本人はおらず、行方不明。
そこでウエスリーの母親に話を聞きに行く。

クリスティーナを警護することになり、ジェーンとリズボンが
クリスティーナの家にいるとFBIから電話が入る。
レッド・ジョン関連の事件発生。

 

その被害者はなんとクリスティーナが出演した番組司会者だった。
ジェーンは殺害現場に行き遺体を確認し、レッド・ジョンの仕業だと確信した。

チョウとリグスビーでウエスリーの母親の家へ出向く。
ノックをしても出てこず、隣人の女性が3日前から誰もいないと教えてくれた。
2人はドアを破り中に入る。

 

するとそこに鏡台があり、
マーリーの写真と鏡にスマイルマークとGSと書いてあった。
GSとはグレイディ・シップの事で、写真を確認したジェーンは、
ウエスリーの写ってる写真の風景の場所を言い当てた。

ジェーンはクリスティーナの事が気になり、
警護をしているヴァンベルトに電話をする。
クリスティーナは仮眠中との事で、ヴァンベルトが起こしに行くと
仮眠していたはずのクリスティーナが消えていた。

 

ジェーンは1人で写真の風景場所に出向く。
ウエスリーの隠れ家らしき廃ホテルを見つけ、リズボンに場所の伝言を残す。

ジェーンは1人でホテルの中へ入ってしまう。

入り口を入るとそこは暗く当然人の気配はない。
天井から陽の光が差し込み上を見上げていると
いきなり背後から殴られその場で気絶してしまう。

 

気がつくとジェーンは椅子に縛り付けられている。
するとそこにはウエスリーがいた。
ウエスリーは母親を人質に取られ、仕方なく今回の映画撮影に協力していた。

ウエスリーの役柄がグレイディー・シップなのだ。
映画撮影を仕切っているのはルームメイトのルースとその彼氏ディラン。
マーリーを殺したのもルースだという。

 

2人はリアルなホラー映画を作っており、
実際に人を殺すシーンを撮影しようとしているのだ。
ディランはセリフの後にジェーンを刺せとウエスリーに命令している。

ウエスリーは断るが母親の事もありジェーンを刺そうとする。
ウエスリーがセリフを言い、ナイフ片手に振り下ろそうした瞬間、バン!バン!
とサイレンサー付の銃声が響いた。

 

撃たれたのはディランとルースだった。2人はその場で倒れこみディランは即死。
次にウエスリーも左足の太ももを撃たれる。ルースは助けてと命乞いをしている。
ジェーンも椅子に縛られている為、撃った人間は見えない。

ジェーンの背後で人の気配を感じ、恐怖心のあまり息づかいが荒くなる。
ジェーンはレッド・ジョンだと気付いている。
ジタバタしながら、床に倒れこむとジェーンの後ろに現れる。

 

ジェーンの椅子を起こし耳元で「虎よ虎、明るく燃える 暗い夜の闇で
不死の手や目が作りし その恐ろしき造形」と呟き、立ち去って行く。
ジェーンは何故か殺されず、生かされたのだ。

以上、メンタリストシーズン2のあらすじネタバレ記事でした!

 

メンタリストシーズン2の感想

メンタリストシーズン2見終えた感想としては、
あの恐怖ったらないと思います。私も見てて怖かったです笑。

自分の背後に忍び寄り、
自分の耳元で意味不明な事を言われたら殺されるー!

って思いますよね笑。
あの言葉の意味は何なんだろうか。全く意味不明です・・・。

ジェーンも意味はわかってないだろうけど、
最後にはあの言葉が重要になってくるのか。

 

でもジェーンは何で殺されなかったんでしょう?
レッド・ジョンからしたらゲームみたいなもんなのかな?

そして今回初めてレッド・ジョンの姿と声を聞けましたが、
顔はお面みたいなマスクを被ってたし、
声も変声器みたいので声色を変えてたのかな?謎は深まるばかりでした。

 

クリスティーナも未だ見つかってないし、
あの自宅周辺を警察がウヨウヨいるのに誰にも見つからず家を出るなんて。
警察内部にスパイみたいなのがいそうな気がする・・・。

次にレッド・ジョンはいつ接触してくるのだろうか。
シーズン3はもっと手に汗握るシーンが数々繰り広げられるのか!!
続きがかなり気になる!
メンタリストシーズン3に期待大!!!

kandou joshi

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ