私はラブ・リーガルシーズン1 ネタバレ有りの個人的感想!

※以下、私はラブ・リーガルシーズン1を含む
感想記事となりますのでご注意下さい。

法廷ドラマはお好きですか?駆け引きに継ぐ駆け引き、
手に汗握る法廷バトルも見応えがありますが、
明るく楽しく笑いと涙あり『私はラブ・リーガル シーズン1』は、
型破りで最高に楽しいリーガルドラマです。

まず、設定がスゴイ!主人公(デビー)は一流モデルを夢見る女の子。
ブロンドの髪に完璧なスタイル。バービー人形みたいにキュートなデビーは、
一流モデルのアシスタントのオーディションという人生の大舞台の日に、
車の事故で死んでしまいます。

この事故もデビーっぽいというか、車の運転中に親友(ステイシー)と
電話で話をしつつ、ラッキーカラー(ブルー)のネイルを塗りつつ、
脇見運転でグレープフルーツ満載のトラックに突っ込んで・・・。

デビーの毎日の朝食はグレープフルーツなんです。(とほほ
気が付くと、デビーはデパートのような所に真っ白なローブ姿でいて、
ちょっとチャライ感じのハンサム君(自称守護天使)に「人生の査定」をされてしまいます。

「君は悪いこともしてなければ、いいこともしてないんだね」
失礼なことを言われて腹を立てるデビー。それならば、とPCのリターンキーを押すと・・・。
「やだ、私むくんでる?」

病院で気が付いたデビーは、ビックリ!!バービー人形だったはずの
自分がマツコ・デラックスになっていたのです!!!
(ごめんなさい!マツコさんに似てるんですよ(汗)

マツコ・デラックスの正体は、ジェーン。職業は弁護士。
キュートな外見が売りで、頭の中はファッションとカロリーと
恋のことだけだったデビーが、体重2倍(3倍?)の、
頭の良さと真面目さだけが取り柄の冴えないジェーンになっちゃった!

この先、一体どうなるの??ジェーンの体に入ってしまったデビー。
ジェーンの頭脳(法律に関する知識やその他専門知識)
は手に入れたものの、記憶はデビーのまま。

体の持ち主ジェーンはといえば、事務所に入った強盗に銃で撃たれ、
傷自体はかすり傷だったものの、頭を強打しショックで心臓停止。
・・・したのだけれど、デビーの魂が入って生き返った。

そこで、周囲には事故で記憶障害になったということに。
幸い、ジェーンの記憶力は素晴らしく、資料を読んだり
アシスタント(テリー)が説明をして補ってくれると、すいすい頭に入ってくる。
そんな調子で仕事(法廷)にとりかかることになり・・・。

最初は弁護士ごっこだと思って始めた仕事だったけれど、
徐々にやりがいを感じるようになるデビー。
本当は毎日真面目に早起きして仕事をするのなんて性に合わないけれど、
困っている人や不当に理不尽な仕打ちを受けているのを見過ごせない。

やり手の弁護士(事務所の美人弁護士キムがその典型例)は、
裁判での勝訴や、いくら賠償金をせしめたかが大事だけれど、
デビーは(勿論勝ちたい気持ちはあるけれど)お金のためというより、
何がその人のためになるかを考えて弁護をします。

それは、体の持ち主ジェーンというよりはデビーの性格だと思うんです。

ジェーンの依頼人って変わった人が多くて、
「太ってしまったから職場をクビにされたウェイトレス」とか
「愛犬が死んでしまい、そっくりのクローンを作ったら似ても似つかない性格だった」
とか、ジェーン自身が「(デビーの)お気に入りのブランドなのに、
私(ジェーン)の着られるサイズがない!」とブランド会社を訴えたり、
ハチャメチャなんですけれど、依頼人との心の交流にほろりとさせられます。

(私は太ったことにより解雇されてしまってウェイトレスの回が一番好きで、
「人は外見で判断されるべきではありません。」
というジェーンの言葉に、本当に感動してしまいました。)

デビーが生きていた時同棲していて、結婚を考えてくれていたグレイソン。
奇しくもジェーンのいる会社に新しい同僚としてやってきます。
心はデビー、大好きなグレイソンの近くにいるのに体はジェーン。

本当のことを話たって、信じてもらえないだろうし、きっと傷つけるだけ。
そんなグレイソンに近付く、美人でやり手の肉食系女子キム。

グレイソンは最愛のデビーを亡くした後遺症から立ち直れないものの、
キムと共同で弁護を担当していくうちに少しずつ打ち解けあい、
私生活でも仲を深め合っていく。それを見守る切ないデビー。

デビーが唯一心を許し、全て(一度死んで蘇ったこと)を打ち明けた、
モデル仲間で親友トレイシー。
デビーが生き返ってしまったことの責任から、
デビーの監視役(職場の郵便配達員として常にデビーをマーク)につき、
トレイシーに恋をしてしまった守護天使フレッド。

デビーの周りで巻き起こる騒動から目が離せません!
そして、恋に仕事に人生に、一つ一つ受け入れながら頑張る
デビー(ジェーン)に、きっと元気をもらえるはずです!

自分にコンプレックスがあって、それを理由についつい何かを
諦めてしまっている人(私もなんですけれど!)には、ぜひぜひ見て欲しいドラマです。
デビーに笑いと勇気をもらって、ついでにキレイになりましょう!!

kandou joshi

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ