絶対流行る!海外ドラマThe 100ネタバレ有りの個人的感想!

※以下、The 100のネタバレを含む
感想記事となりますのでご注意下さい。

学園もの海外ドラマの代表作“ゴシップガール“を始め、
今では大人気ドラマとなっている”“ヴァンパイアダイアリーズ” 、
“プリティリトルライアーズ”など、女子がハマる鉄板海外ドラマを
数多く生み出したレスリー・モーゲンスタインが総指揮を務めるドラマ、“”The 100“。

ティーンズ系の海外ドラマが大好きな方にはぜーったい見てほしいドラマです★

 

The 100の舞台は、核戦争で世界が終ってしまった97年後。
地球上では暮らせなくなっていたため、人類は宇宙ステーションに住んでいる。
しかし、宇宙ステーション上で暮らすには酸素が必要。

その酸素にも限界があり、人々はかつて自分たちの先祖が
住んでいた地球上で再び暮らすことを夢見る。

だけど!核戦争によって破壊された地球は本当に生きていけるのかという疑問は残るまま。
そこで、政府は不良少年・少女たちを地球に送ってみて生き残れるか
実験しちゃおうという無茶な作戦をたてるのです。笑

 

その、不良少年・少女たちはいわゆる少年院(?)
のような施設にいれられていた子供たちで、
それぞれ宇宙ステーション上のルールを破った子供たち。

その子供たち100人を地球上に送るということでタイトルが“The 100”なのでしょうね。
主要メンバーは、クラーク、ビレミー、オクタビィア、フィン。
(他にもたくさんいますが...)

Season1では、The 100がどのようにして未知なる地球上で
サバイブしていくかが描かれています。
しかも!実験を行っている政府は宇宙上から少年少女を監視(?)しているのです!

「地球が安全に暮らせる場所なのか」が知りたい大人たちは、
子供たちを地球に送る際、子供たちの腕にバングルをつけるんです。

 

死んだらそのバングルが宇宙にいる大人たちに知らせるという仕組みになっていて、
自分たちを未知なる地に送った大人たちに反感をもっている子供たち。
もちろんバングルをとってしまう子多数発生...笑

バングルを外すか、外さないかからThe 100内で派閥が起き、
その後もいろんなことで派閥が発生します、が!!!!
もちろん、そこはティーンドラマのレスリー様です。笑

そんな派閥からの恋愛も上手に描かれています。笑
ハラハラドキドキがとまらない大人も楽しめるSFドラマThe 100。
まだ、日本ではなぜかそこまでまだ広まっていないのです。泣

これから、ぜーったい近いうちに人気が出ること間違いなしなので、
要チェックです!!

kandou joshi

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ