csi:科学捜査班シーズン5のネタバレ・個人的な感想!

『CSI:科学捜査班』 シーズン5を見終えました!
シーズン5はなんとあのクエンティン・タランティーノが
監督の前後編スペシャルもあります!

グ、グロい!けど見ごたえ十分です!
(DVDではドラマスペシャルとしてその話だけ個別に販売しているようです。)
個人的に今期が一番面白いと思います。

良い評価・感想が集まってるのもこのシーズンらしいです。
今回もネタバレ、大まかなあらすじには事前に触れることなく鑑賞しました。

 

以下、『CSI:科学捜査班』 シーズン5のあらすじ(ネタバレ有)です!

早く前後編スペシャルに言及したいので普通の話は
サラっと終わらせたいのですが、そうさせてくれないのがCSIですね(笑)
スペシャルじゃなくても見所満載です。

シーズン5は分析官のグレッグが捜査官になれるなれないで
ずっと揉めてます。と、いうのもグレッグはグリッソムたちの捜査に
協力してくうちに自分もラボを飛び出し現場で仕事をしたいと思うようになり、
捜査官の試験を受け続けていたのです。

最初のうちはチームのみんなも一笑に付していたのですが、
どうやらグレッグは本気だとわかり、
からかいながらも協力してくれます+.(人´・∀・`)゚+.゚

 

やさしい!グレッグが見習いとしてニックたちの後ろを
ちょこちょこついて回ったりラボ仲間にグリッソムの発言をさも
自分の手柄のように話したりする姿は子供みたいで微笑ましいです(笑)

もちろん試験に合格するだけではなく、
グレッグは自分の後釜を探さなければいけません。

自分が現場に出るということは、今まで担当していた微物質分析に
穴が開くということですから、グレッグは責任を持って優秀な
(これはチームから注文をつけられました。笑)

 

分析官をスカウトしてこなければいけないのです。
ただ、がんばって連れてきてもロスやNYとは比べ物にならないくらい
変人揃いのベガス市警、新入りはすぐにパンクして
辞めていってしまうのでした…(笑)

そしてスペシャル前後編。監督・製作のタランティーノは
『キル・ビル』『パルプ・フィクション』などを撮った監督です。
グロテスクな描写が多いことで有名ですね。

この回はなんと鑑識チームのメンバーであるニックが
被害者になってしまいます。

 

もちろん死体で発見されるわけではないですが、
ある事件の捜査中に誘拐され、
人食い蟻がうようよ居る地中に埋められてしまいます。

いつも冷静なグリッソムが焦燥を剥き出しにする様子は
見ていてハラハラ!

またウォリックはニックと担当する事件をコインで決めていたため、
もし自分があんなことを言い出さなかったらと
自責の念にかられてしまいます。

不安や怒りからチームの足並みは整わず、
誘拐犯もニックの居場所を告げないまま自爆。
(この盛大に肉片が飛び散るシーン、まさにタランティーノです…)

 

地中に埋められたニックは尋常ではない暑さと
全身に噛み付いてくる蟻の群れで気が狂いそうになり、
犯人の思うがまま、わざと一緒に埋められていた銃で
自殺を試みる場面もあります。

今までも陰惨な事件は数多く取り扱われていますが
レギュラーメンバーの中でもチームの良心的存在のニックが
こんなことになってしまうなんて…

とこちらは気が気じゃありませんでしたヽ(´Д`lll)ノ
ニックは助かりますが当然心に深い傷を負ったことでしょう。
これが原因でCSIを辞めるなんて話にならなければいいけど…

 

そして気になるのが犯人の自爆を至近距離で見たグリッソムですね。
爆音で耳を痛めたような描写がありましたので
せっかく治した耳がまた悪くなってしまったかも。

チームはボロボロのまま次シーズンへ続きます。
ちょっとタランティーノ臭が強くて普段のCSIらしくはないんですが、
スペシャルにふさわしい大事件だったと思います。

以上、『CSI:科学捜査班』シーズン5ネタバレでした!

 

csi:科学捜査班シーズン5の感想

先人たちのシーズン5の感想を調べてみると
やはり前後編スペシャルは「グロすぎる」との声が多いようです。

たしかに…(´ー`A;)私はDVDパッケージでタランティーノと
書いていたのを見てたのである程度覚悟できたのですが、
彼を知らない・興味ない人にとっては「なんじゃこりゃ!?」
な展開かもしれません。

グロが苦手な人はネタバレを見ておくしかないかも…。

 

でもいかなるときも証拠を元に合理的な判断をする、
というCSIひいてはグリッソムの方針を曲げてはいないので、
むしろこのような大事件にあっても感情に流されず
捜査していくメンバーたちという新たな一面が見れるのではないでしょうか。

この件を乗り越えることで彼らも成長したように感じます。
ただ、もうしばらく怖いのはいいかな(笑)
スペシャル以外だとずっとグレッグがかわいいな~という感じです。

ラボ仲間から現場に出たがることを不思議がられていたので、
捜査官ってもしやそんなにすごいと思われてない?
みんなの価値観がちょっとずつ垣間見れて面白いです。

 

特にホッジスは現場嫌いなようですね(笑)
う、う~ん、どうしても彼に目が行ってしまう(-∀-`; )
ただの嫌な奴だったのにものすごい勢いでお笑い担当になってるし…

グレッグのこと嫌いっぽかったのに急に馴れ馴れしくなってるし。
次シーズンの扱いが気になる!いや、脇役なんですけどね!
以上シーズン5の感想でした!

kandou joshi

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ